米国公認会計士(CPA)とは?米国公認会計士(CPA)の仕事

米国公認会計士(CPA) とは、世界にもっとも認知されたビジネス資格を収得した、米国式会計のエキスパートと言えます。アメリカではこの米国公認会計士(CPA) は90年の歴史ある資格であり、この資格取得の後は財務会計業務だけではなく、経営コンサルティングの専門家としても活躍出来ます。活躍の場は、一般企業、外資系企業、経営コンサルティング会社、監査法人、会計事務所、官公庁など幅広く、経営職に携わる機会もあるようです。基本的に数字に強い、高度な会計の知識を持っている事は必須ですが、この米国公認会計士(CPA) の試験は当然のことながら英語による試験となりますので、語学力のスキルも高いものが要求されます。会計のスペシャリストでありながら、さらに経営コンサルタントでもあるので、ビジネスシーンを自ら開拓していくような、ガッツのある積極性のある人材が求められます。もちろん数字を扱うという意味で、慎重でミスは少なく、効率的に仕事を進められる能力は必要ですし、物事を総括的に見て判断をする冷静な性格の持ち主であると理想的です。



米国公認会計士(CPA)の年収、月収について

年収400万前後~

米国公認会計士(CPA)の仕事に就くには

米国公認会計士(CPA)の資格取得に向けて、専門スクールや通信教育の受験対策講座で試験対策するとよい。

米国公認会計士(CPA)の資格や知っておいた方が良い知識など

米国公認会計士(CPA)を受験資格は4年制大学卒業者もしくは卒業見込み者となる。受験地はアメリカの各州となる。すべて英語での試験となるので、中級以上の英語力は必要。TOEICなどにもトライしておきたい。

その他の英語・外国語を使う仕事

仕事の情報 資格の情報

全国のハローワーク
北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨
信越・北陸 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
近畿 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
四国 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄