米国税理士(EA)とは?米国税理士(EA)の仕事

米国税理士(EA)とは、米国内国歳入庁(IRS)に登録する米国税理士の事を言います。米国で最も古い資格であり、米国公認会計士(CPA)が州毎で認定される資格である事に対して、米国税理士(EA)は米国が認定する資格となります。資格取得後は、全米をはじめ世界各国に仕事の場があります。アメリカ人は世界の何処に済んでいても、米国IRSに税務申告をする義務があるため、米国税理士(EA)の活躍の場は世界規模となるのです。日本国内においても、米国資本の企業の経理関係や、それらの企業に関係する会計事務所、税理士事務所などでのニーズが高まっています。米国の税法の法改定の頻度は高いため、こまめな情報収集はかかせません。米国税理士(EA)は米国の国家資格となりますが、この資格のみでは日本の税理士としては活動できませんので、日本の税理士資格も持っていると米日税金比較などのためには有利なようです。数字に強く、ミスのない仕事が出来る事が必須条件です。常に仕事の依頼は米国籍を持つ個人、企業となりますので、専門用語も含めた上級の英語力が必要となります。



米国税理士(EA)の年収、月収について

年収600万前後~

米国税理士(EA)の仕事に就くには

米国税理士(EA)の資格取得が必要。専門スクールや通信講座にて受験対策をするとよい。

米国税理士(EA)の資格や知っておいた方が良い知識など

米国税理士(EA)受験資格は特になしで受験は日本でも可能。しかし、米国税務に関する特殊な専門的知識が必要となる。試験は英語で行われ、業務でも高度な英語力が必要となる。

その他の英語・外国語を使う仕事

仕事の情報 資格の情報

全国のハローワーク
北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨
信越・北陸 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
近畿 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
四国 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄