漁師とは?漁師の仕事

漁師とは、川や海などで、魚介類の漁をして生計をたてている漁業者の事を言います。沿岸漁業、沖合漁業、遠洋漁業などがあり、船舶や漁の規模も異なります。日本は島国であり、古来より魚介類を食して来ました。日本人にとって、魚介類は日常の食生活においてかかせないと言えるでしょう。近年の温暖化により、海の状態も様変わりしており、魚介類の生息場所もそれに応じて変化して来ており、環境の変化などにも漁師は対応して行く必要があります。漁師になるためには、全国の漁協組合の情報を得る事が必要です。未経験者にも漁師になる道は開かれており、基本的に40歳未満であれば、数ヶ月の研修を経て漁師になる事も出来る。(年齢枠外でも可能な場合もある。)絶対条件として、船に強い人である事は必須です。船の上で漁を行うのは想像以上に体力がいりますので、健康で体力に自身のある人は適正があります。未経験者が漁師を目指すのであれば、漁の知識を得る事も勿論ですが、計画的にトレーニングをするなどして、体力作りをする事が必要です。



漁師の年収、月収について

年収400万円前後~(遠洋漁業の場合)
漁獲高によっても変動する。

漁師の仕事に就くには

未経験者が漁師を目指すのであれば、まずは全国の漁協組合に問い合わせをして、漁師の募集をしているところで研修を受ける必要がある。

漁師の資格や知っておいた方が良い知識など

特に必要な資格はないが、健康である事、体力のある事、船に強い事が必須である。漁に関する知識などは研修で教えてもらえるが、体力作りは自分で努力するしかない。想像以上にハードな仕事だが、やりがいは格別だ。

その他の自然・動物・農林水産業の仕事

仕事の情報 資格の情報

全国のハローワーク
北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨
信越・北陸 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
近畿 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
四国 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄